2012年06月07日

心に響くスピーチ

6日(水)第4回AKB総選挙が行われた。

社会現象とまでなった総選挙である。
アイドルの総選挙なんて・・・賛否両論あるのも確か。

しかし、真剣にガチンコの勝負に挑む若き少女たちの姿を見ていると
何かピリッとしない政治の世界よりも緊迫感が漂っている。

少しオーバーかもしれないが、これは投票するファンにとっても同じであり、
自分が応援する子を少しでも上位にしたいと思う、みんなで勝ち取る
総選挙だと感じる。

特に感心するのは、順位発表の後に行われたスピーチ。
それぞれの個性で、17.8才の少女もしっかりと話していた。

w07-1390-120517.jpg

印象深かったのはメンバー最年長、篠田麻里子(5位)のスピーチ

「後輩に席を譲れと言う方もいるかも知れません。でも私は、
席を譲らないと上にあがれないメンバーはAKBでは勝てない
と思います。」「悔しい力を先輩にぶつけて来て欲しい!」
「潰すつもりで来て下さい!」

卒業をして後輩に譲ること(順位・ポジション)は簡単だが、実力で上がって来て欲しい。
後輩を育てる意味もあるが、自分自身を奮起させるようにも受け取れる
とてもしっかりしたスピーチでした。

最年長といえ26才。一般的にもまだまだ若くこれからである。

しかし、そこはアイドル。それも日本にとどまらず世界で活躍する彼女たち
腕利きの秋元康氏がプロデュースしていることは別として、
(選抜メンバー16人、アンダーガールズ16人・・・と続く)※詳細はこちら

上位のポジションを取るためにガチで凌ぎを削りあう世界。

同じトップを争う世界でも、言い訳ばかり、自分の立場しか考えていない方々とは違う。

1位となった大島優子のスピーチから(抜粋:正確ではありません)

 私は秀でた才能もないですけども・・・ただただ 何事も全力で 笑顔でやってきたこと
実になって その「実」にみなさんが水を掛けてくれて 太陽のような光を浴びさせてくれて
咲くことができています。でも花はいつか枯れてしまいますので 枯れないためにも 太陽のような
存在でいてください・・・

「悔しい力」「何事も全力で」 忘れかけた言葉である。

どんな世界でも真剣勝負。

努力無くしてトップであり続けることは困難だと思う。

「ぽちっ」といただけたら嬉しいでするんるん

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 中津川情報へ
にほんブログ村














posted by かべ at 12:29| 岐阜 ☁| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その通りですね。
人材は、企業の宝ですよね。
若者が育たない会社は、将来がありません。

誰にでも初めの一歩はあります。
しっかりOJTをおこなって自信と達成感を付け、同時に責任感を植え付けることが肝心と
考えます。

上に立つ者の器量が問わます。
Posted by たけちん at 2012年09月13日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。